カードローンの信用性

いくらカードローンとはいえ本質的には融資を受ける事を目的とした商品です、その為どんなに好条件の商品であってもまずその商品や扱っている会社が信用できるかどうかが大切です。


想定し得る悪徳カードローン

最もカードローン選びで気をつけなくてはいけないのはまず相手がちゃんと正規の金融会社かどうかです。というのも昨今貸金業法は以前よりずっと厳しいものになり、例えば法外な利子を要求する行為や強引な取立てを行う行為、夜間の電話による嫌がらせや連帯保証人以外の家族に支払い代行を要求する行為、到底相手が返済できないとわかっていて高額の貸付を行う等これらは全て貸金業法によって現在厳しく取り締まられています。逆に言うと正規の金融会社ではまず上記の行為が行われる事はありませんし、正規の金融会社以外からお金を借りてしまうと上記のような行為も相手は視野に入れてきます。


初心者はまず大手から

例えば常識的にありえない低金利である、100%審査に通る等と謳っている会社は要注意ですしまた出来てから日の浅い金融会社にも注意が必要です。しかしこういった判断に自信が無い場合はまず大手金融会社のカードローンを利用すると良いでしょう。大手はその高い知名度と営業年数から貸金業法の監査が間違いなく入っていますし、それで問題無く現在も商売ができているという事はそれだけ真っ当な会社である証明となります。