カードローンの利息の計算方法と実質年利湯

カードローンでは利息の掲載ページに実質年率と書いてある会社があります。この実質年率とはなんのことか知っていますか?カードローン会社が多く取り入れている利息の計算方法や、この方法を利用した利息の負担を軽減する返済方法などをご紹介します。


カードローンの実質年率とは

カードローンの利息に書いてある、実質年率とは支払う利息を年間で割ったもののパーセンテージ表記になります。カードローンでは、まだ返済していないお金に対して決まった利息をかけて計算し、返済のときに利息分を差し引いたお金を返済に充てるようになっているのです。この支払う利息の合算を年間で割った数字が実質年率です。多くの場合、リボルビングスライド式返済と呼ばれる毎月決まった金額を返済する方法で、お金を返します。


大きな金額を少ない回数で

毎月決まった金額の返済のメリットは、返済計画を立てやすいことです。ただし、少ない金額で返済を行うと、返済の回数が増えてしまいます。返済し終わってないお金が存在する以上、利息が発生してしまうのが、リボルビング返済の特徴でもあるので、その分だけ利息の負担は増えてしまいます。この負担を減らすには、大きな金額を、少ない回数で返済することがポイントなのだそうです。