月別アーカイブ: 2014年8月

専業主婦向けのカードローン

専業主婦向けのカードローンがあるのを噂で聞いたのですが本当にそんなものがあるのでしょうか。しかも金利が安くて、配偶者の同意書もいらないという話だったのですがだいじょうなのか不安です。yoito


<格安金利のカードローン>

安い金利は甘い誘惑ですよね。誰でも、そう思います。そんなカードローンがあれば申込者が殺到するでしょう。しかし、そんな話は聞きませんよね。甘い話には毒がある、そんな場合もあるので注意してください。一見、審査の基準も甘く、格安金利に思えるカードローンでも、実際は数字のトリックにだまされているというケースもあります。法律や取り締まりの強化で、以前よりはずっとそんな事案は減少しました。それでも、未だに存在するのは悲しい現実です。間違っても、そのような業者と契約するのはやめておきましょう。


<それでは噂はウソですか?>

いいえ、そんなことはありません。確かに、専業主婦向けのカードローンはあります。しかも、安全で安心な銀行系です。欠点をあげるとすれば、融資の限度額が低めに設定されているぐらいかもしれません。インターネットなどで検索すれば、いくつかの銀行が出てきます。一度、パンフレットや、銀行の窓口で詳細を尋ねてみてください。よけいな心配は消えてなくなるはずです。

カードローンのルールを自分で決める

お金を借りようと思った時、皆さんは返済の事を考えていますか?
自分が返済をきちんとできるように、少額の借入をした方がいいと思いますが、皆さんは出来ていますか?
カードローンを使う際、何か自分のルールを決めておくのもいいかもしれないから、何か決めてみましょう!
例えば、基本的にこういった目的では使わないとか、月にいくらまでしか使わないとか決めてみてはいかがでしょう?


カードローンは頼もしいけれど

困った時にはとても頼もしい存在ではありますが、便利だという事はその分危険な面もあります。
カードローンは人によって利用限度額が異なりますが、めいっぱい借りることはないので、必要な分だけ借りて下さい。
また、最近では親元を離れて暮らしている子供にカードローンが出来るカードを渡しているそうなんです。
子供が誤った使い方をしなければ渡してもいいですが、その際には必ず約束事を決めて渡す方がいいかと思います。


利用する場所は一か所だけ

よく複数ローンをしてしまって、おまとめローンを利用している人もいるようですが好ましくないですね。
カードローンを利用する場合は、出来るだけその一か所にしておくのがいいとされているので、何社も頼らないように。
複数に手を出してしまうと返済が大変になってしまいますから、余裕を持って利用するようにしてもらえれば幸いです。